2011年04月07日

2011 第71回 桜花賞

阪神競馬場3歳牝馬クラシック第1戦桜花賞 (G1・芝1600m)

2011 第71回 桜花賞

スタートは向正面バックストレッチに移動。スタートから444mの直線を走り抜け、外回り682mの3〜4コーナーを越えた後、474mある最後の直線での追い比べとなる。最初の3コーナーを回るまでは馬群が固まったまま進むことが多いので、基本的には内枠有利のコース形態と言える。最後の直線ゴール前には高低差1.8mの急坂が待ち受けており、京都芝1600m(外回り)に比べて差しが届きやすい。



阪神芝1600mは、1番人気の成績が若干悪いです。

・前走勝ち馬から1.0秒以内

前走5番人気以内or5着以内(5番人気以内で惨敗、人気薄で5着以内など)

をピックアップし、さらにその馬の父、または騎手が出走予定のコースを得意としているなら評価を上げてみてください。

阪神競馬場

スタート後、長い直線を利してのポジション争いでテンは速くなるが、3コーナーからカーブに入るとペースは落ち着く。4コーナーで息が入り、直線入り口残り3Fの下りからペースがUPする。ただ条件が上がれば上がるほど道中の緩みがなくなる傾向がある。そうなると最後の坂で差し馬が逆転するシーンが見られる。ペースによるが、だいたい下級条件では先行馬、上級条件では差し馬というスタンスでいいだろう。



2011 第71回 桜花賞

みんなの競馬

posted by アフィリ屋 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194659287

この記事へのトラックバック